プロフィール

  • 名前:原田正史
  • 性別:男性
  • 生年月:1961年4月
  • 血液型:O型
  • 出生地:徳島県阿波市
  • 仕事
  • 東京都新宿区下落合2-18-4
    写真付き道順


    住宅7割、店舗3割ほどの割合で設計監理している設計事務所です。住宅では新築とリフォーム半々ぐらいの割合で行ってきましたが、マンション内装リフォームも増えてきています。

    どんな形であれ生活する人のことを考え、明るく、自然が感じられるような住まい。いままで以上に良い生活スタイルができるような、そんな暮らす人のことを考えた「思いやりの建築」を造っていきたいと思っております。

原田正史デザイン家具

原田正史のアイデア

  • 住宅におけるアイデア
    それぞれをムービーでご紹介しております。
    ■寝室の介護用トイレをデザイン
    ■玄関に隠しトレーをデザイン
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       固定棚用
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       可動棚用
    ■玄関横のカバン置場と傘掛

建築関連リンク

TV番組他

« 150年ぶりの大船鉾 | トップページ | 山内任天堂の近代建築 »

2013年10月 2日 (水)

料理のできる北沢デザイナーズキッチンスタジオを見てきました。

以前、鎌倉のマンションリフォームでお客様の御要望に答えていただいたオーダーキッチンの北沢産業。

Dsc04556s

ホームパーティーの好きなお客様。キッチンにバーカウンターを付けたいということで、ミニバーカウンターを設けました。上部棚にはずらりとお酒が並びます。

その北沢産業さんですが、以前は業務用キッチンが主でしたが、数年前から家庭用キッチンにも力をいれて、手頃価格で提供していただいています。


その北沢産業さんのショールーム「北沢デザイナーズキッチンスタジオ」を見てきました。

明治通沿いのあるこのショールーム、ちょっと気づかずに通り過ぎてしまいそうです。
Sdsc00006
渋谷区東二丁目23-2にあるショールーム
Sdsc00004
1階から3階まで、すべてキッチンが展示されています。

その3階には、実際に火と水が出るようになっていて、料理をすることができます。
意外と知られていない北沢デザイナーズキッチンスタジオですが、他社さんのショールームは火や水がでないのですが、ここは購入前に体験ができるので悩んでいる方とかにはいいでしょうね。

Sdsc00017
その3階のキッチンのひとつ
Sdsc00011
このように、業務用キッチンを家庭用にいれたガスコンロも体験できます。

Sdsc00058
Sdsc00060
調理器具も借りれます。なかなかこのようなキッチンショールームはないですよね。
Sdsc00061

もちろん通常の家庭用ガスコンロも。
Sdsc00024

家庭用IHもあります。
Sdsc00034

海外の特殊なIHもかっこいいです。
Sdsc00173

ドイツのkuppersbusch(クッパースブッシュ)の中華鍋対応のIHクッキングヒーター
Sdsc00041

ヒーターが5口、内ひとつが中華鍋用。EKIW 9850.0F
Sdsc00056
これも実際に体験できます。

ちなみにkuppersbuschの英語ページ
http://www.kuppersbusch.lv/index.php?page=home

Sdsc00040
シンクも特長があります。ステンレスでいろんな形状デザインができるのでこれぞオーダーの醍醐味がありますね。
トーヨーキッチンのように3段式になっていて、シンク内でお魚をさばいたりするのにひじょうに便利です。

Sdsc00027
車椅子対応のキッチンも、高さだけでなくアイデア次第で動線を少なくしたR形状のキッチンもできます。

Sdsc00063
業務用のようなオールステンレスのキッチン。

Sdsc00065
2口ある特長あるデザインの水栓。大きなお鍋やフライパンを洗うのに便利です。

Sdsc00070
いろんなオーブンレンジがあり、パンやピザ、ローストチキンなどなどお料理が楽しくなりそうです。
Sdsc00101 
像のマークの北沢産業。業界にはこの像マークを知っている方は多いでしょうね。

1階にはイタリアのダダ社のキッチンがあります。
Sdsc00133
ツヤあり扉付きキッチンでいかにもイタリア製らしいですね。

Sdsc00152
折れ戸で、開いた扉は壁面に 収納できるようになっています。

↓これも同じシステムで、食品庫と書斎テーブルが出てきます。
Sdsc00153
Sdsc00161

Sdsc00162

Sdsc00167
食品庫というより、ちょっとしたカウンターが出てくるので、ここで簡単なアレンジ料理ができそうです。

こちら1階2階のキッチンは展示のみなのですが、いろんなアイデアのあるキッチンなので見ていて楽しいですよ。

Sdsc00180

Sdsc00181

Sdsc00182

Sdsc00183

ご興味ある方はぜひ行ってみてください。
ひとりで行きづらいという方は、ご案内させていただきますね。

北沢産業株式会社 デザイナーズ キッチン スタジオ(DKSビル)
http://www.kitazawasangyo.co.jp/kitchen/index.html
〒150-0011 東京都渋谷区東二丁目23‐2
TEL 03-5485-5072(代) FAX 03-5485-5204
営業時間 10:00-18:00
キッチンスタジオ休館日 毎週水曜日・年末年始

徒歩:JR渋谷駅東口より徒歩10分 JR恵比寿駅より徒歩15分
バス:JR渋谷駅東口ターミナルより新橋駅前行き、 赤羽橋駅前行き、
および田町駅前行きに乗車して「渋谷車庫前」バス停で下車。
徒歩約1分








« 150年ぶりの大船鉾 | トップページ | 山内任天堂の近代建築 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

トラックバック

« 150年ぶりの大船鉾 | トップページ | 山内任天堂の近代建築 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Copyright(C)原田正史ブログAll Rights Reserved