プロフィール

  • 名前:原田正史
  • 性別:男性
  • 生年月:1961年4月
  • 血液型:O型
  • 出生地:徳島県阿波市
  • 仕事
  • 東京都新宿区下落合2-18-4
    写真付き道順


    住宅7割、店舗3割ほどの割合で設計監理している設計事務所です。住宅では新築とリフォーム半々ぐらいの割合で行ってきましたが、マンション内装リフォームも増えてきています。

    どんな形であれ生活する人のことを考え、明るく、自然が感じられるような住まい。いままで以上に良い生活スタイルができるような、そんな暮らす人のことを考えた「思いやりの建築」を造っていきたいと思っております。

原田正史デザイン家具

原田正史のアイデア

  • 住宅におけるアイデア
    それぞれをムービーでご紹介しております。
    ■寝室の介護用トイレをデザイン
    ■玄関に隠しトレーをデザイン
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       固定棚用
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       可動棚用
    ■玄関横のカバン置場と傘掛

建築関連リンク

TV番組他

« マンションリフォーム 壁の下地 | トップページ | ドミニク・ペロー高松宮殿下記念建築講演会聴いてきました。 »

2015年10月21日 (水)

マンションリフォーム間仕切り壁撤去の注意点

マンションリフォームに置いて、よくあるパターンが小割りになっている間取りをひとつに繋げたいというご要望。

とくにリビング横の小さな個室においてよくありますね。

今回もその間仕切りを撤去してリビングを大きくする工事をしています。

Dscn4446_r

大工さんが梁下についていた間仕切りを撤去して、梁に固定していた木ビス受け材も撤去しているところです。

Dscn4477_r

大工さんの道具です。ノミを見るとちょっと楽しくなりますよね。

Dscn4474_r
Dscn4484_r

そこでまず注意しておかなければいけないチェックポイントがあります。

つなげた時に床材も取り替えるのであれば、新たな床下地を造って綺麗な床を敷くことができるのですが、コストダウンで既存の床材も利用して空間をつなげると言った時にはレベル差をチェックしなければいけません。

間仕切りある時は施工会社は各部屋で工事を仕上げていきます。
(仕上げてから間仕切り立てる場合は別ですが・・・)

その場合同じレベルで出来上がっているはずでも、施工精度の悪い工事だと数ミリ違ってきている場合がよくあります。
その場合の対策も工事費に影響するので、最初から検討しておかなければいけません。

今回はそれほどレベル差はなく、上部にシートを貼って仕上げる仕上げでも問題なくできました。

皆さんもこのような計画の時には注意してくださいね。




« マンションリフォーム 壁の下地 | トップページ | ドミニク・ペロー高松宮殿下記念建築講演会聴いてきました。 »

リフォーム」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンションリフォーム間仕切り壁撤去の注意点:

« マンションリフォーム 壁の下地 | トップページ | ドミニク・ペロー高松宮殿下記念建築講演会聴いてきました。 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Copyright(C)原田正史ブログAll Rights Reserved