プロフィール

  • 名前:原田正史
  • 性別:男性
  • 生年月:1961年4月
  • 血液型:O型
  • 出生地:徳島県阿波市
  • 仕事
  • 東京都新宿区下落合2-18-4
    写真付き道順


    住宅7割、店舗3割ほどの割合で設計監理している設計事務所です。住宅では新築とリフォーム半々ぐらいの割合で行ってきましたが、マンション内装リフォームも増えてきています。

    どんな形であれ生活する人のことを考え、明るく、自然が感じられるような住まい。いままで以上に良い生活スタイルができるような、そんな暮らす人のことを考えた「思いやりの建築」を造っていきたいと思っております。

原田正史デザイン家具

原田正史のアイデア

  • 住宅におけるアイデア
    それぞれをムービーでご紹介しております。
    ■寝室の介護用トイレをデザイン
    ■玄関に隠しトレーをデザイン
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       固定棚用
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       可動棚用
    ■玄関横のカバン置場と傘掛

建築関連リンク

TV番組他

« 老眼にえんきん!? | トップページ | マンションリフォーム間仕切り壁撤去の注意点 »

2015年10月18日 (日)

マンションリフォーム 壁の下地

コンクリート壁の下地に内装用のボードを設置する場合に多く使われるのがこのGL工法。

Dscn4496_r

コンクリート壁に石膏ボードをGLボンドと呼ばれるもので接着する工法です。

上部写真の左側がコンクリートの壁、そしてGLボンドと言う練られた団子畳の接着剤、そして石膏ボード。

職人さんがコンクリートの壁にこの練ったGLボンドを等間隔でペタペタ付けていきます。

そしてその上に石膏ボードを貼り付け、位置を調整します。

この時に垂直なら垂直をしっかりと出して置かなければやり直しになりますから、レベルを当てたりしながら取り付けたます。

必要寸法ですが、このコンクリート面からGLボンドと石膏ボードで30ミリあれば可能です。

よく現場ではこのGLボンドのことをダンゴと呼んでいます。

どうぞご参考に!




« 老眼にえんきん!? | トップページ | マンションリフォーム間仕切り壁撤去の注意点 »

リフォーム」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンションリフォーム 壁の下地:

« 老眼にえんきん!? | トップページ | マンションリフォーム間仕切り壁撤去の注意点 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Copyright(C)原田正史ブログAll Rights Reserved