プロフィール

  • 名前:原田正史
  • 性別:男性
  • 生年月:1961年4月
  • 血液型:O型
  • 出生地:徳島県阿波市
  • 仕事
  • 東京都新宿区下落合2-18-4
    写真付き道順


    住宅7割、店舗3割ほどの割合で設計監理している設計事務所です。住宅では新築とリフォーム半々ぐらいの割合で行ってきましたが、マンション内装リフォームも増えてきています。

    どんな形であれ生活する人のことを考え、明るく、自然が感じられるような住まい。いままで以上に良い生活スタイルができるような、そんな暮らす人のことを考えた「思いやりの建築」を造っていきたいと思っております。

原田正史デザイン家具

原田正史のアイデア

  • 住宅におけるアイデア
    それぞれをムービーでご紹介しております。
    ■寝室の介護用トイレをデザイン
    ■玄関に隠しトレーをデザイン
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       固定棚用
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       可動棚用
    ■玄関横のカバン置場と傘掛

建築関連リンク

TV番組他

« 原宿駅の建て替え計画後・・・ | トップページ | マンションの窓ガラスにフィルム貼り »

2016年8月 1日 (月)

マンションの窓をそのまま断熱リフォーム

ここのところの猛暑で冷房エアコンもつけっぱなしで、どんどん電気代も上がっていきますね。

その電気代を抑えるにに、電力契約会社を工夫して変えたりしている方も多いとは思いますが、根本の必要なエアコン熱量を抑えることも大事です。

リフォームして、壁や屋根、そして熱ロスの多い窓をペアガラスやトリプルガラスに変えて、冷えた空気が暖まりにくくして、電気代を抑えるというのは大事ですね。

ところが、一番熱ロスの多い窓ですが、マンションは専用部分ではないので変えられないケースが多いのが現実です。
理事会でマンション全体をペアガラスなどに交換可能という取り決めをしないと、勝手に変えられないのが多いですよね。

そこで朗報ですが、窓ガラスはそのままで、その内側にコーティングをして熱ロスを抑える方法があります。
各メーカーからいろいろ製品が出ています。

スプレーで塗るタイプ、スポンジで塗るタイプ、ローラーで塗るタイプなど施工方法も様々です。

省エネルギー性が2割ほど増したり、UV99%カットしたり、結露が改善したりといろいろあります。施工中の臭いの問題等もあるので、その現場にあった方法でリフォーム検討いたします。

少しでも電気代も抑えたいですよね。




« 原宿駅の建て替え計画後・・・ | トップページ | マンションの窓ガラスにフィルム貼り »

リフォーム」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンションの窓をそのまま断熱リフォーム:

« 原宿駅の建て替え計画後・・・ | トップページ | マンションの窓ガラスにフィルム貼り »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Copyright(C)原田正史ブログAll Rights Reserved