プロフィール

  • 名前:原田正史
  • 性別:男性
  • 生年月:1961年4月
  • 血液型:O型
  • 出生地:徳島県阿波市
  • 仕事
  • 東京都新宿区下落合2-18-4
    写真付き道順


    住宅7割、店舗3割ほどの割合で設計監理している設計事務所です。住宅では新築とリフォーム半々ぐらいの割合で行ってきましたが、マンション内装リフォームも増えてきています。

    どんな形であれ生活する人のことを考え、明るく、自然が感じられるような住まい。いままで以上に良い生活スタイルができるような、そんな暮らす人のことを考えた「思いやりの建築」を造っていきたいと思っております。

原田正史デザイン家具

原田正史のアイデア

  • 住宅におけるアイデア
    それぞれをムービーでご紹介しております。
    ■寝室の介護用トイレをデザイン
    ■玄関に隠しトレーをデザイン
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       固定棚用
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       可動棚用
    ■玄関横のカバン置場と傘掛

建築関連リンク

TV番組他

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の記事

2016年10月28日 (金)

東京デザインウィーク2016建築模型展にも!

東京デザインウィーク2016建築模型展にもたくさんの来場者が来てくれています。

20161027_151045_r
20161027_151115_r

なんとなく建築模型展は人気があるように思います。
皆さんじっくりと見ていってくれます。

20161027_150407_r

Dscn2675_r

Dscn2711_r
皆さん写真を撮っていってくれます。

Dscn2721_r

二人で話し込んでいる方も。何を話しているのでしょね。

29日土曜日、30日日曜日も会場にいようと思っています。
また31日月曜日18:00-21:00 建築模型展のパーティーがあります。

参加している建築家さんも参加されると思います。ご興味ある方はどうぞお越しください。
ご招待券もあります。会場で声かけていただければと思います。





2016年10月26日 (水)

東京デザインウィーク2016が始まりました。

また今年も東京デザインウィークが始まりました。

会場はいつものように明治神宮外苑 絵画館前の広場にいくつかのテントが設置されそれと屋外で行われます。

その今日の様子です。
まず屋外から。

20161026_110339_r
20161026_110344_r
20161026_110354_r
11時のオープン前なのでまた関係者しか写っていません。

20161026_115216_r
20161026_115227_r
オープンしてしばらく経ったところです。エアテント展も空気を送り込んで稼働しています。

20161026_115302_r
白い軽い紙が丸いテントの中を回っていて綺麗でしたよ。中でくるくる回るといった感じです。

テント内部の状況は
Dscn2737_r
Dscn2739_r
これはプロ展
20161026_122659_r
テント入ってすぐマッチアップ・デビュー・100人展とあります。
20161026_132251_r
アスカネットさんの空中ディスプレイは空中に画面が浮かんできて、触らなくてもタッチができるという不思議なもの。

20161026_123038_r
なんとロボットの鯉です。目が光っていて、動きがスムーズで本物みたいです。

2016年10月25日 (火)

東京デザインウィーク搬入してきました!

東京デザインウィークが今年も始まります。

その建築模型展に今年は初出展します。

ちょうどプロジェクトのブランクの時でもありましたし、以前のプロジェクトも完成模型を皆さんに見ていただきたいなと言うこともあったので、挑戦することにし二か月かけてじっくりとしあげました。

そして本日、午後6時過ぎの雨の合間にちょうど搬入することができ、会場にいる建築家さんや建築家の卵さん達といろいろ話しながら、楽しく設置することができました。

R20161025_175511

今回作った模型と11年前のスタディー模型と並べて出してあります。

会場にはできるだけいようと思っていますが、確実ではないのでもしいらっしゃる時がわかれば教えてください。

ちなみに夜の設置状況はこんな感じでした。

R20161025_171424
R20161025_172023
R20161025_172029
R20161025_172808
R20161025_172801

皆さん夜遅くまでお疲れ様です。
それに合わせて事務局の皆様もお疲れ様です。

明日から前期10/26-10/31 後期11/2-11/7まで開催されます。
詳しくはこちら
http://tokyodesignweek.jp/





2016年10月23日 (日)

渋谷駅の工事

もう先々週の写真になりますが、渋谷駅の工事状況をヒカリエ9階のホワイエから観てきました。

20161008_135957_r_2
20161008_135953_r

元東横線ホーム部分はすでに無くどんどん工事が進んでいます。

20161008_140005_r
20161008_140001_r
20161008_140008_r

20161008_140026_r

クレーンが作業している間を地下鉄銀座線が通り過ぎていきます。

ここに高層建築が6棟寄り添うようにできます。すでにヒカリエができていますが、それも全体ができあがると低い方ですね。
渋谷は都市再生特区ということで、民間事業開発の仕組みで取り組んでいます。

高層棟が6棟ですが、ヒカリエも少しチャレンジしていますが低層階が外に顔を出すようになっています。つまり低層部の人の動きが街中に出てくるような仕掛けで、渋谷の街を高層棟で切るのではなく馴染ませるという意図があるのでしょうね。

その6棟の設計もそれぞれのブロックアーキテクトが担当し、その提案を事業主が選考していき、一緒に街並みをつくっていく。

成功するといいですね。

しかし、工事も大変です。
以前工事関係者の話を聞いたことがありますが、人や交通の行き交う中でのたいへん気の使う工事、なにかあると多くの人命にも関わり兼ねないので、何重にも安全確認が必要ということを言っていました。

通常よりはるかに時間のかかる工事ですが、とにかく安全第一で行ってほしいですね。

お疲れ様です。




2016年10月19日 (水)

月見台付き4畳半お茶室

久々のお茶室の模型。

R20161018_210300

4畳半のお茶室ですが、月見台付きとしそちらをフルオープンできるようにしたので、下座床としました。

R20161018_164830

障子の高さも座っている時に見えるようにし、その窓から見える景色に価値を出すように、窓の大きさを制限しました。

水屋も使いやすいように、正式な水場に加えて、流しをもうひとつ土間からも使える位置に設置しました。





2016年10月13日 (木)

ミノッティーのソファーは機能的にも素晴らしい

モダンな家具の中でも代表格に入るミノッティー。

1948年にミラノ郊外の家具の町で生まれ、いまは全世界に展開するブランド・メーカーです。

デザインは建築家兼デザイナーのロドルフォ・ドルドーニ氏。
「豊かな空間をつくりだすエレメントとしてデザインされた家具」
そのコンセプトの元、数々の家具を生み出しています。

20160421_123238_r

20160421_123738_r

このソファーは基本的に背もたれは高くないのですが、実際にクッションを好きな位置で固定ができるようになります。

20160421_123518_r

こんな感じでリラックスできます。

20160421_123335_r
それはこのクッションの後ろにこの背板を差し込むことにより可能となります。
20160421_123415_r
20160421_123425_r
20160421_123437_r
このように座面の下に荷重がかかり倒れません。

20160421_123446_r
右側のクッションはこの背板を入れていないパターンです。

20160421_124018_r
またこれはベットヘッドも同様に使用できるようになっています。

20160421_124023_r
20160421_124107_r
デザインの統一ができていいですね。

20160421_123004_r

ミノッティーは南青山にショールームが二箇所あります。

〒107-0062 東京都港区南青山5-4-19 地階
11:00 ~19:00 水曜日定休
TEL. 03-5778-0232 / FAX. 03-5778-0233

〒107-0062 東京都港区南青山6-10-18
11:00 ~ 19:00 水曜日定休
TEL. 03-5778-0230 / FAX. 03-5778-0231

ご購入希望者がいらっしゃいましたら、ショールームご案内させていただきます。
レイアウト&プランニングそしてメリットあるお見積も検討します。


Minotti
http://www.minotti.jp/index.html






2016年10月11日 (火)

4mのダイニングテーブル

大家族や大人数でのホームパーティには大きなダイニングテーブルがあると華やかになりますね。

このリーバの4mのダイニングテーブルSHERWOOD W4000 D1100 H720はその一つですね。

R20161007_113758

R20161007_113452

R20161007_113550

定価は税抜で2,194,000円ですが、レイアウト&プランニング提案させていただければメリットあるお見積もりを検討させていただきます。




2016年10月10日 (月)

高さ900のダイニングテーブルGOOD!

先日アルフレックスの新作発表会に行ってきました。

そこで見たきた新作家具の中での一押しの家具はこの高さ900のダイニングテーブル。
他にも高さ900のダイニングテーブルも出ていますがどれも使いやすそうでいいですね。

R20161007_112332

ダイニングテーブルは720前後が定番ではありますが、このハイチェアの座面高さが650とちょうど座り易いし、立ちやすいのでしっくりきます。

R20161007_112254

足を置く部分も少しフラットになっているので置きやすいですね。

R20161007_112403

アルフレックスのテーブルCREDOとチェアNTC16です。





2016年10月 9日 (日)

Change Is the Only Constant

英会話の動画で知ったいい言葉

「Change Is the Only Constant」

日本語訳は
「唯一変わらないことは、変わり続けるということ」

なるほどいい言葉ですね。

もう一つ、似たような言葉で

「The Only Constant is Change」

というのもあります。
同じ意味ですね。

これを座右の銘にし、常に進歩していかねば、という気持ちですね。




2016年10月 6日 (木)

ソウルに建ったクリスチャン・ディオールの建物

削ったテットドモアンヌを立てたような、いや白い舞茸のようなファサードの建物。
ソウルに建ったクリスチャン・ディオールの建物。
クリスチャン・ド・ポルザンパルクが「クチュリエのソフトに編んだ白いコットン生地のような流れる表層」をイメージしてデザインしたとのこと。

クチュリエって「男性の裁断師、服飾デザイナー・・・」という意味
デザインされ裁断されソフトに編んだコットン という感じですかね。
インテリアデザインはピーター・マリノ氏らしいメタル斬新なデザイン。
外壁のガラス繊維強化プラスチックGFRPの型枠も素晴らしいですが出来上がれば不要なので処分しているのでしょうね。

http://www.livinspaces.net/projects/architecture/a-sculptural-fabric-inspired-facade-for-the-house-of-dior-in-south-korea-by-christian-de-portzamparc/






2016年10月 5日 (水)

二世帯住宅の計画はじっくりと!

二世帯住宅は大きく分けて、完全分離型と完全同居型、そして一部共有型に分かれると思います。

いずれにしても、いままで親と子が別々に暮らしていた場合は、計画段階からしっかりと時間をかけて、生活していくにあたってストレスのたまらないような、またストレスがたまる住宅となった場合にも、ちょっとした工夫でそのプランを解消できるようなことも、できるのであれば検討しておいた方がいいですね。

親が元気な場合では大丈夫ですが、いずれ介護が必要になってくる場合もあります。

その場合でも、子世帯からの動線で介護しやすいプランも検討しておくか、あるいはもし介護が必要となった場合に、ちょっとしたリフォームで介護しやすい住宅にできるか、検討しておく必要がありそうです。








2016年10月 2日 (日)

マンションを購入するときに必要な税金

マンションを購入するときに必要な税金

印紙税
 購入契約書の金額に応じて1万~2万程度必要で、2018年3月31日までの売買契約は軽減措置があります。

登録免許税
 所有権などの登記にかかる税品。価格や登記の種類により数万~20万円程度かかります。

不動産取得税
 文字通り不動産を取得するときにかかります。

あまり税金には詳しくありませんが、ちょっとした備忘録でした。






2016年10月 1日 (土)

出目地木目打放し型枠

近くにできたマンションの一階部分がこのように出目地になっています。

R20160928_083716

しかも木目です。

R20160928_083721

うづくりのフローリングを型枠に使用したかのような出来具合ですね。

R20160928_083738

以前の事務所でよく使用していた意匠上の出目地。

懐かしさが出てきます。




« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Copyright(C)原田正史ブログAll Rights Reserved