プロフィール

  • 名前:原田正史
  • 性別:男性
  • 生年月:1961年4月
  • 血液型:O型
  • 出生地:徳島県阿波市
  • 仕事
  • 東京都新宿区下落合2-18-4
    写真付き道順


    住宅7割、店舗3割ほどの割合で設計監理している設計事務所です。住宅では新築とリフォーム半々ぐらいの割合で行ってきましたが、マンション内装リフォームも増えてきています。

    どんな形であれ生活する人のことを考え、明るく、自然が感じられるような住まい。いままで以上に良い生活スタイルができるような、そんな暮らす人のことを考えた「思いやりの建築」を造っていきたいと思っております。

原田正史デザイン家具

原田正史のアイデア

  • 住宅におけるアイデア
    それぞれをムービーでご紹介しております。
    ■寝室の介護用トイレをデザイン
    ■玄関に隠しトレーをデザイン
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       固定棚用
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       可動棚用
    ■玄関横のカバン置場と傘掛

建築関連リンク

TV番組他

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月の記事

2017年3月29日 (水)

マンション住居からオフィスへのリノベーション現場にて。

マンション住居からオフィス仕様へリノベーションの現場です。

先週末から始まった解体工事で思わぬ状態が発覚!
施工会社から天井内部に雨漏りがあるとの報告!

ちょうど月曜日の雨の日だったのですぐさま現場へ。

Dscn5155_r
Dscn5156_r

最上階なので屋根スラブには断熱材としてのスタイロフォームが打ち込まれています。

スラブとスタイロフォームの間に染み込んだ雨水が、この低い部分から落ちてきています。

Dscn5144_r
以前から漏れていたのでしょう。
吊りバンドの一部にかなりのサビが出ていますし、その下の天井木下地にも湿気による黒カビがかなり出ています。

Dscn5198_r

この漏水をきちんと処理をしないと内装工事に入れないので、まずはこの雨漏りの原因究明と防水処理をします。

雨漏りの調査はかなり時間がかかる場合がありますが、入居予定者が決まっているので早急に調査をする必要があります。

屋上のこのような鳩小屋になっている部分も配管の取り出し部分から染み込むケースも多々あります。
Dscn5227_r

特にこの給水管が水平になっているので雨がスリーブ部分に伝わってくることも考えられます。他の配管は外に向かって勾配がとられていて水が入ってこない対策がとられています。
Dscn5226_r

とくにこのラッキング部分!ここから入ってくることも考えられます。
Dscn5233_r

他防水層が切れているところがないかどうかも調査中です。

Dscn5181_r
他の箇所ですが、エアコン移設のために現場監督と打合せしているところです。
最上階なのでトップライトがあります。


Dscn5163_r
これは元壁だった部分の配管です。
下階にまで通っているエアコン冷媒管と信号前、電気線です。今回ワンルームに改修するのでこれは壁側へ盛替えます。

Dscn5221_r
スイッチ関係の位置打合せです。


最近は住居用マンションからオフィスへリノベーションするケースとか、逆にオフィスから住居用マンションへリノベーションするケースもあります。

特にオフィスから住居へリノベーションする時は、主に間仕切りを入れて部屋を造る場合が多いので、法的に窓が確保できるかどうかがポイントになってきます。

新たに窓を設けるなどのケースは、構造体を改修するようになるのでまれですが、多くの場合は構造体はそのままか耐震補強するケースが多いので窓は増えない方向ですね。

その場合の秘策として、窓の位置を有効に使えるように空間を共有するようなプランニングが解決策になります。









2017年3月25日 (土)

アルマーニの職人技テーブル!

照明が抑えられた空間に浮かび上がるようなテーブル。
脚の存在感を消してテーブルトップに広角スポットが当たるように展示されています。

20170310_115848_r

テーブルトップが密かに際立っていますが、よく見るとかなり凝った造りになっています。

20170310_115442_r

MDFの上に漆喰を塗ってそこにクロコダイルのような柄を手作業でつけていきます。そして表面をアクリルで塗って仕上げます。
アクリルと行っても一回塗りではなく、塗っては磨いてまた塗ってを何回か繰り返して、表面平滑さを出すために時間をかけて工程を重ねているのかと思われます。

20170310_115451_r

これを見るとウレタンの厚みもよくわかります。

20170310_115505_r
ちょっと写真写りが良くないですが、カラーは4種類あります。

こちらのテーブルの仕上げは
「スタッコ鏡面仕上げシャイニーホワイトゴールド」です。

テーブルサイズは
W2100XD950XH720

このくらいの大きさです。
20170310_120001_r

どうですか。ご興味ある方はご案内させていただき、テーブルレイアウト&コーディネート、そして設置搬入までトータルでケアさせていただきます。




2017年3月22日 (水)

アルマーニのエレガントなソファー!

あまり知られていないアルマーニの家具ですが、ARMANI CASAとして世界中に36店舗ほどのStoreで展開され、日本でも「ARMANI CASA TOKYO」として銀座のアルマーニタワーの4階で見ることができます。

20170310_114821_r

このアルマーニタワーは竹をモチーフにファサードが造られています。

オートクチュールも竹の綺麗なラインをイメージしたしなやかな繊細さを表現していますが、家具やインテリアのアイテムもそのイメージが感じられるものがあります。
竹がお好きなのですね。

20170310_121727_r
これも実際の竹を薄く削って網代のようで網代ではなく、ランダムに貼り付けています。

20170310_121734_r
20170310_121624_r
そして造られているのはこのランプ。
四角いベースにランプがついているほんとシンプルな形状ですが、表面テクスチャがものすごく凝っていますね。

20170310_122406_r

そして私が見てきたのがこのソファ

20170310_120115_r

ちょっといままでにはないデザインですね。
四角い箱で形成されたベースに、薄いペラ座布団のようなクッション座面が乗っています。

20170310_120123_r
近くで見るとこんな感じ。

20170310_120237_r
確かに薄い。

20170310_120928_r

20170310_120242_r

実はこのクッション、手前と奥とで厚みが違うのです。
奥の方が厚みがあり、座るとちょうどいい弾力で通常のソファーと変わりないのです。
恐れ入りました!という感じです。

しかもベースはあまりへたらないということで、いずれクッション部分がヘタった場合はこの薄いクッションを取替えるということでいいようです。

20170310_120524_r
座ってみると、分類とすると固めのソファーですね。
お尻があまり沈まず腰に負担がかからず、且つ立ち上がる時も億劫にはならずに私は好きですね。

20170310_120538_r
前寄りに座っても座面がしっかりしているので体制が楽ですね。

20170310_120551_r
アーム部分も幅広で楽に座れます。

20170310_120455_r_2

ちなみにこのエレガントなファブリックで構成すると税込み2,535,840円
革で造ることも可能です。いろんなファブリック、革があります。

20170310_125640_r

こちらもコーディネートプランニングしメリットある内容で提供させていただきます。


ARMANI / CASA アルマーニカーザ
中央区銀座5-5-4 アルマーニ / 銀座タワー4F
11:00~20:00
03-6274-7003



2017年3月 3日 (金)

南青山に移転オープンしたSieMaticを見てきました

本日、日本橋から南青山に移転オープンしたドイツのハイエンドキッチンSieMaticを見てきました。

20170303_153517_r

あの高級家具のカッシーナの傘下になったことにより、カッシーナから徒歩1分ほどのところにあります。

SieMaticは今回からキッチンのカテゴリーを「PURE」、「URBAN」、そして「CLASSIC」の3つにわけて展開しています。

20170303_154037_r

入ってすぐ目に飛び込んでくるのはこの「PURE」をテーマにしたキッチン。
無駄をそぎ落としたような、超シンプルなこのキッチン。

20170303_154050_r

カウンターの厚みだけで薄くみせています。
20170303_154122_r
20170303_154218_r
内部はSieMaticオリジナルの引き出し金物で構成されています。

IHの排気にはこのシンプルなレンジフードが上がってきます。
20170303_154532_r
20170303_154521_r
20170303_154343_r

これで料理中は排気できます。

そしてフィルターのお掃除はこのようにプレートを手前に倒し・・・
20170303_154423_r

20170303_154444_r
簡単にフィルターが外せます。
これを洗えばいいのです。お掃除しやすいですね。

このほかに男性にも好まれる「URBAN」シリーズのキッチンや、伝統的なデザインを現代に洗練した「CLASSIC」シリーズもあります。

ご興味ある方にはご案内しますね。どうぞおっしゃってください。


東京都港区南青山2-13-10
ユニマット アネックスビル 1, 2F
Phone:(03)5785-4300
Fax:(03)5785-4306
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日






« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Copyright(C)原田正史ブログAll Rights Reserved