プロフィール

  • 名前:原田正史
  • 性別:男性
  • 生年月:1961年4月
  • 血液型:O型
  • 出生地:徳島県阿波市
  • 仕事
  • 東京都新宿区下落合2-18-4
    写真付き道順


    住宅7割、店舗3割ほどの割合で設計監理している設計事務所です。住宅では新築とリフォーム半々ぐらいの割合で行ってきましたが、マンション内装リフォームも増えてきています。

    どんな形であれ生活する人のことを考え、明るく、自然が感じられるような住まい。いままで以上に良い生活スタイルができるような、そんな暮らす人のことを考えた「思いやりの建築」を造っていきたいと思っております。

原田正史デザイン家具

原田正史のアイデア

  • 住宅におけるアイデア
    それぞれをムービーでご紹介しております。
    ■寝室の介護用トイレをデザイン
    ■玄関に隠しトレーをデザイン
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       固定棚用
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       可動棚用
    ■玄関横のカバン置場と傘掛

建築関連リンク

TV番組他

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の記事

2017年5月30日 (火)

現場打ち合わせにフェイスタイムは便利

新幹線の中でお客様とメールのやり取り。

それをスケッチでまとめて写メして確認する。

現場について監督と打ち合わせして、壁にマーキングして、お客様とフェイスタイムで打ち合わせ。

スマホがあるとほんと仕事がはかどりますね。












2017年5月14日 (日)

銀座木挽町 竹葉亭にて

歴史時間的価値のある建築 銀座木挽町 竹葉亭

元々は幕末に浅蜊河岸(現在の新富町 新金橋児童公園あたり)に、留守居茶屋として創業され後にうなぎの蒲焼き専門店として「蒲焼京橋 竹葉亭」と名を馳せるようになったようです。

のちの関東大震災で消失されるも、京都から宮大工を呼び寄せ建て替える。

しかし、すぐに震災復興再開発事業で立ち退きとなり、現在の銀座8丁目(当時の木挽町)に移転し現在に至っています。
Dscn6283_r

となりのブロックには吉兆東京本店があり、当時は木挽町と言えば芝居を見にいくというほど木挽町三座の山村座、河原崎座、森田座があったり芝居茶屋が多かった場所です。

Dscn6289_r

廻りはすっかり高層ビルが立ち並びほとんど直射日光の当たらない建物になってしまいましたが、いまでも当時のまま残っているのはいいですね。

Dscn6284_r
Dscn6285_r

雨が竹の小口に当たらないように銅で笠木を造って水を切っています。
長持ちさせるには重要なディテールですよね。
Dscn6286_r

いまでは樹脂のイミテーションが多いなか、常にメンテされて取り替えているのがわかります。
Dscn6287_r
Dscn6296_r
Dscn6299_r

柱の脚元も雨で腐らないようになっています。
Dscn6309_r
Dscn6312_r

雨に濡れた灯篭、そして薄暗いので軒下の照明が趣を演出してくれています。

Rdscn6319
8畳の待合室 床差しにはなっていないです。

部屋の中央に床が据え付けられていて、右の磨き丸太柱と左の皮つき丸太が対比されるように設置されています。
Rdscn6392
Rdscn6444

4畳半+台目畳のお茶室です。













2017年5月12日 (金)

不動産オーナー経営学院REIBSにお祝い!!!

昨日は契約打ち合わせが早く終ったのでANDYこと横山さんの新しいオフィスにお祝いに行ってきました。

20170429_150718

それは、不動産オーナー経営学院REIBS!

R20170510_173616

不動産の総合病院と言うだけあって、多くの不動産オーナー、不動産会社社長方々に道標となる蓄積された膨大な知識データを提供して議論している。

それだけでなく、生徒いや参加者からのアイデアを共有しより発展させ良い方向に導く。
そんな総合診療医の役も担っている。

R20170510_175249
R20170510_175300

しかし、よくこれだけの資料をよくまとめあげたものだと脱帽!

そしてその企みはまだ終わらない。趣味の域を更に伸ばそうとしているANDYのビジョンを楽しく聞かせていただきました。

そして贈る言葉を世界地図のボードに第二号として書かせていただきました。
R20170510_174541
R20170510_174533

いままでの8年間の努力、いや趣味が徐々に花開きそうです。
頑張ってください。影ながら応援しています!

ちょうど窓からこの建物が見えます。
R20170510_152551





2017年5月 3日 (水)

残念、また一つ素晴らしい和風建築が解体されていく・・・

以前、お茶室もある立派な和風建築のリフォームの相談を受けて計画を進めていたところ、その南側隣地の住宅が某大手住宅会社の手に渡り、3階建てのアパートに生まれ変わることが判明。
2017y05m03d_093928788
                                   グーグルより
中央の和風住宅をリフォーム予定
南側角の住宅がアパートに!!!

すぐさまリフォームする住宅と南側に建つアパートとのボリューム算定をし、日影ラインを冬至と夏至にて作成。
さらに気になるのは3階北側からの見下される視線。
20170503094815479_0001

このようにお客様に分かるように図式化しご説明したところ、数日ご検討されてその和風建築をご購入することを断念されました。

非常に残念ではありましたが、つぎに購入される方がその価値を分かってうまく利用していただけることを願うしかありませんでした。

お茶室以外にも書院造りの和室
1
                              お客様撮影

廊下にも磨き丸太の細い垂木が美しい
2
                             お客様撮影

大きな鏡板一枚の扉!
3
                            お客様撮影

銅板で造ったシンク
4
                           お客様撮影

どれを取ってもいま造ろうとすると材料面や工賃を考えるとかなり難しい物ばかり。

今日、久々にどうなったかなとグーグルストリートビューを見てみるとなんと!
もうすでに取り壊されている!
2017y05m03d_093718013
2017y05m03d_093639296
2017y05m03d_093738627
                           3枚ともグーグル写真

良い建築がなくなっていくのはほんとに悲しい。

たとえ事前にわかったとしても今の自分にはそれを防ぐことは困難であっただろうと思うと、建築文化が経済論理によって消えていく現実に立ち向かうには、やはり自信の経済力をもっと上げるか、あるいは法律・経済に力を及ぼすことができる力を借りるか、保存運動団体と一緒に大事にしていくしかないのだろうか・・・。

本当はこの日本建築を日本人それぞれが大切にしようと思う気持ちがあるといいのですが。


2017年5月 1日 (月)

床暖房の良いところ、床下暖房の良いところ

先ほどhouzzのサイトで「床暖房って良いですか?」という質問がありそれに関
して専門家の皆様から床暖房の良いところを細かくアップされているのを見まし
た。

皆様書かれているようにほんと床暖房はいいと思います。
エアコンと違って、上から温風がきて頭を温めるのと違い足元から温めるのでほ
んと快適です。眠くなりにくい。ただ回答者が書かれていますように、愛犬を寝
かせるとホットドックになるというのは笑えない事実かと思います。

それは床暖房もある程度45度ほどの温度になるので、床の上に薄着で寝てしまうと「低温やけど」になるかも可能性があるということです。気を付けないといけないですね。

あと強いてデメリットを書くと、床暖房のあるところと無いところの差に違和感
を感じるかどうかですね。

室全体の70%ほど敷き詰めますが、スリッパの生活ではなく、はだしか靴下のまま利用されていると、床暖房あるところと無いところで顕著にわかりますので、足元の感触の違いがあります。気にされるかどうかですが。
いまちょうど名古屋の住宅をリフォーム設計していて、リビングダイニングだけ
温水床暖房をいれますが、和室とキッチンも一つの空間で床暖房面積としては室
容量から考えると少ないのですが、もともと能力ある天井カセットタイプのエア
コンがあるのでそれも併用する予定です。

またそのお客様の蓼科の別荘計画では、床暖房ではなく床下暖房を計画しました。
それは床面のみ温める床暖房ではなく、床下に熱源を設置して、家全体を温める
システムなのです。つまり熱ムラがなく廊下やトイレやユーティリティーなどすべて
が暖まるシステムで、秋にスイッチを入れて春に切るというシステムです。


いずれにしましても、家の暖房をお考えの時は家の構造と家族数や生活スタイル
で設計者としっかりと話されたほうがいいと思います。







« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Copyright(C)原田正史ブログAll Rights Reserved