プロフィール

  • 名前:原田正史
  • 性別:男性
  • 生年月:1961年4月
  • 血液型:O型
  • 出生地:徳島県阿波市
  • 仕事
  • 東京都新宿区下落合2-18-4
    写真付き道順


    住宅7割、店舗3割ほどの割合で設計監理している設計事務所です。住宅では新築とリフォーム半々ぐらいの割合で行ってきましたが、マンション内装リフォームも増えてきています。

    どんな形であれ生活する人のことを考え、明るく、自然が感じられるような住まい。いままで以上に良い生活スタイルができるような、そんな暮らす人のことを考えた「思いやりの建築」を造っていきたいと思っております。

原田正史デザイン家具

原田正史のアイデア

  • 住宅におけるアイデア
    それぞれをムービーでご紹介しております。
    ■寝室の介護用トイレをデザイン
    ■玄関に隠しトレーをデザイン
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       固定棚用
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       可動棚用
    ■玄関横のカバン置場と傘掛

建築関連リンク

TV番組他

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月の記事

2017年6月26日 (月)

大きなソファーがお好きな方へ

たまに大きなソファーを探しているのですが・・・とメールをいただくことがあり、その人にとって、置かれる部屋にとっても大きなソファーをお聞きし、各メーカーのそれに合わせた大きなソファーを提案し、購入メリットある見積をとってあげたりしていますが、特別大きなサイズのソファーを昨日見てきました。

それはこのソファー
20170625_174648_r
20170625_174734_r

どうでしょう?おわかりになりますでしょうか?
やはり人が入っていないと大きさがわかりづらいかな。

ということで
20170625_174843_r
ちょっと黒生地に黒服の私なのでちょっと見づらいですね。
20170625_175347_r
寝そべってみました。
ベットよりも大きいですね。

こちらのサイズは奥行きが1400もある特大サイズです。
W2800XD1400XH620 シート高さ380

これはMOROSOの家具をDIESEL LIVINGブランドで扱っている家具なのです。
MOROSO、DIESELらしい家具ですね。

この写真のソファーはグースダウン 定価は106万でした。

もちろん生地によって価格は変わってきます。
20170625_175008_r
20170625_175610_r
20170625_175650_r
いろんな生地がありますね。どれもDIESELらしい。

生地を選んでオーダーして、納品は4~5ヶ月後です。
革とかファブリックでも良い物を選ぶと価格はあがりますね。あと送料と設置費も必要。

匠大塚でも取扱あるので価格交渉&見積をとってみます。







2017年6月23日 (金)

東京建築士会 住宅建築賞2017入賞作品展

先日21日に東京建築士会の住宅建築賞2017入賞レセプションに行ってきました。

衝撃的な問題作と審査員のだれもが言っていた中川エリカさんの作品:桃山ハウスですが、すごくポジティブに捉えられて金賞を受賞しました。 
おめでとうございます。

20170621_183456_r


各審査員の講評も聞いていてとてもおもしろかったです。

不確定さを建築するという趣旨で設計されたなんともすごみのある建築、通常の建築とは違う作り方の建築、認めたくはないようなでも希望を感じる建築ということでなんとも危うい評価内容でしたが、この住宅をめざす価値がお施主様と共有されている点が高く評価されて金賞となったということですね。
20170621_183505_r

これを共有するお施主様ってどんな人?と思いますが、映像関係のお仕事で、常にメインカルチャーに対するカウンターカルチャーはないかということを考えているような人とのこと。その点が大きくこの建築を可能にしたのでしょうね。

20170621_183517_r
中川さんの話によると施工者もこのむちゃくちゃな建築を造るのにノリノリだったようで、それも実現された大きな理由だったのでしょう。
20170621_164924_r

中川さん自身も、最近の住宅が簡略化しすぎていて、整理しすぎないで多様な雑多なまま造れないかという考えもあったようです。そして住宅と周辺環境の境界をあいまいにし、街の一部としての住むための環境を造りたかったというのも形として納得できる。
いやしかし建築もおおらかですが、ここに住むお施主様もおおらかと言っていいのかどうか、おおらかですね。


他の住宅建築賞の受賞者もおめでとうございます。

20170621_183553_r

20170621_183646_r

20170621_162403_r
20170621_183818_r

20170621_162329_r
20170621_162340_r



東京建築士会 住宅建築賞2017入賞作品展
6月30日まで中央区京橋2-5-18のAGCスタジオ1階にて展示されています。
20170621_162429_r




2017年6月17日 (土)

屋根と外壁塗装の5社一括見積!

最近いろんな情報を提供するサイトが増えてきましたが、ついに建築見積を5社まで取り揃えてくれるサイトが出てきたのですね。

それがこちらの全国見積サポート協会というところなのですが。

外壁塗装の一括見積【全国見積もりサポート協会】


見積もり内容は塗装の職種に限るようですね。

それでも通常見積もろうとすると、設計者なり指示する方が職人に、なんの塗料を何色でどのような表情の仕上げでと現場で説明し、工事会社はその建物に関して工事の難易度がどの程度あるかを判断し、塗装材料単価と組み合わせて見積もりを出してきます。


この工事の難易度が工事見積もりをわかりにくくしていますよね。

たとえば

・道路からの搬入は楽か?

・建物周りに作業するスペースはあるか、足場は建てられるか?

・植栽は切らないといけないか?

・外壁や屋根の形状は塗りにくくないか?

などなど、たくさんの状況を判断し工事見積もりを積み上げます。


これらをいつも2社ないし3社に現場で説明して工事見積もりをとって、お客様に説明し、契約する会社を一緒に決めています。


それをなんと最大5社もの見積もりをこのサポート協会が取ってくれるのです。
サイトを見てみると過去の実績も多いですね。

このサイトに電話番号などの情報を送ると、担当者から連絡が入り、細かな説明があり、実際に工事する建物の調査にくる日程を決めるようになります。

そうするとその日に5社ほどの工事会社がきて、サポート協会が見積もり説明をして、調査をして後日見積もりが出てくるというもの。この調査日にいてもいなくてもいいみたいですね。

そしてこのサポート協会が連絡先を仕切っているので、あとで工事会社から営業などの面倒な連絡は入らないようです。
それも安心ですよね。

外壁と屋根の塗装工事だけですが、その工事のみの方は変な悪徳業者に任せるよりは安心ですね。


全国見積サポート協会のサイトは下記バナーから入れます。








2017年6月13日 (火)

茶道立礼の英語解説

日本を訪れる海外の方の多くは日本の文化を味わおうとする方が多いと聞きます。

そこで日本文化の一つ、茶道を楽しんで少しでも分かっていただきたく、椅子式の茶道「立礼」を英語解説でアップしてあります。

少しでも茶道のことが分かっていただければと思います。









« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Copyright(C)原田正史ブログAll Rights Reserved