プロフィール

  • 名前:原田正史
  • 性別:男性
  • 生年月:1961年4月
  • 血液型:O型
  • 出生地:徳島県阿波市
  • 仕事
  • 東京都新宿区下落合2-18-4
    写真付き道順


    住宅7割、店舗3割ほどの割合で設計監理している設計事務所です。住宅では新築とリフォーム半々ぐらいの割合で行ってきましたが、マンション内装リフォームも増えてきています。

    どんな形であれ生活する人のことを考え、明るく、自然が感じられるような住まい。いままで以上に良い生活スタイルができるような、そんな暮らす人のことを考えた「思いやりの建築」を造っていきたいと思っております。

原田正史デザイン家具

原田正史のアイデア

  • 住宅におけるアイデア
    それぞれをムービーでご紹介しております。
    ■寝室の介護用トイレをデザイン
    ■玄関に隠しトレーをデザイン
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       固定棚用
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       可動棚用
    ■玄関横のカバン置場と傘掛

建築関連リンク

TV番組他

2018年1月10日 (水)

アトリエ前の目白が丘教会

アトリエの前、正確には斜め前ですが、その位置にある目白が丘教会

20171216_072906_r

いつもアトリエに行く時に毎朝見る光景
「日本ハブテスト キリスト教目白が丘教会」

朝日があたっていつも見る美しいプロポーションにテンションがあがります。

フランク・ロイド・ライトの日本での右腕として活躍された遠藤新氏設計の設計。
自由学園と同様に屋根の形状に特徴があります。

朽ちた部分を常に補修され大事に使用&保存されています。

新宿区下落合2-15-11
JR目白駅より徒歩8分ほどです。




2017年12月24日 (日)

Merry Christmas & Happy New Year

Mchn

皆様にとりましても、2018年さらなる良い年になりますように!

2017年9月 8日 (金)

マウスコンピューターのノートいいですね。

いつもTVコマーシャルや山手線車内広告で気にはなっていたのですが、その電車広告をじっくりみてみると、このB503Sって価格の割に性能いいですね。

Gallery07_mbb502s_l

120GB SSD + 1TB HDD
15.6フルHD
・・・これで59,800円(税別)

実は事務所で使っているデスクトップパソコンよりも性能がいい!(^^;
モニターはこちらがいいですが・・・。

でもノートでこのスペックでこの価格はいいですね。
限定3000台のようですが、たぶん売れてもまた次の限定商品とかが出てくるのでしょうね。

ノートもひとつ欲しいですね。

【マウスコンピューター】ノートパソコン







-

2017年8月18日 (金)

ランデックスコート 難燃 は燃えにくくする画期的な塗料です。

昔からある撥水性のある塗料。

よくコンクリート打放し部分とかに使いましたが、今度は塗ると燃えにくくなるランデックスコート難燃がいよいよ発売になります!

塗ったあとは見た目ほとんどかわりません。

良い商品です!

大日技研工業

http://www.dainichi-g.co.jp/



2017年6月13日 (火)

茶道立礼の英語解説

日本を訪れる海外の方の多くは日本の文化を味わおうとする方が多いと聞きます。

そこで日本文化の一つ、茶道を楽しんで少しでも分かっていただきたく、椅子式の茶道「立礼」を英語解説でアップしてあります。

少しでも茶道のことが分かっていただければと思います。









2017年5月14日 (日)

銀座木挽町 竹葉亭にて

歴史時間的価値のある建築 銀座木挽町 竹葉亭

元々は幕末に浅蜊河岸(現在の新富町 新金橋児童公園あたり)に、留守居茶屋として創業され後にうなぎの蒲焼き専門店として「蒲焼京橋 竹葉亭」と名を馳せるようになったようです。

のちの関東大震災で消失されるも、京都から宮大工を呼び寄せ建て替える。

しかし、すぐに震災復興再開発事業で立ち退きとなり、現在の銀座8丁目(当時の木挽町)に移転し現在に至っています。
Dscn6283_r

となりのブロックには吉兆東京本店があり、当時は木挽町と言えば芝居を見にいくというほど木挽町三座の山村座、河原崎座、森田座があったり芝居茶屋が多かった場所です。

Dscn6289_r

廻りはすっかり高層ビルが立ち並びほとんど直射日光の当たらない建物になってしまいましたが、いまでも当時のまま残っているのはいいですね。

Dscn6284_r
Dscn6285_r

雨が竹の小口に当たらないように銅で笠木を造って水を切っています。
長持ちさせるには重要なディテールですよね。
Dscn6286_r

いまでは樹脂のイミテーションが多いなか、常にメンテされて取り替えているのがわかります。
Dscn6287_r
Dscn6296_r
Dscn6299_r

柱の脚元も雨で腐らないようになっています。
Dscn6309_r
Dscn6312_r

雨に濡れた灯篭、そして薄暗いので軒下の照明が趣を演出してくれています。

Rdscn6319
8畳の待合室 床差しにはなっていないです。

部屋の中央に床が据え付けられていて、右の磨き丸太柱と左の皮つき丸太が対比されるように設置されています。
Rdscn6392
Rdscn6444

4畳半+台目畳のお茶室です。













2017年4月23日 (日)

第四の「空間的価値建築」をめざして

昨日、土曜会「建築は時代を語る ~西洋建築の愉しみ方」に参加させていただきました。
講師の玉手義朗さんはテレビのお仕事をされているかたわら12年間、日本各地の西洋建築を回られ今回この「見に行ける西洋建築 歴史さんぽ」本を出されそれにもとづいたお話でした。

Photo

多数の写真と共に西洋建築の歴史と誕生にまつわるエピソードなど聞かせて頂き、建築専門の私からしても専門書からでは知り得ない、アメリカ牛が富士屋ホテルに化けた仙之助物語や、旧徳川義親邸にある木彫り熊のルーツなど、楽しく聞かせていただきました。ありがとうございました。

最後の質問の時に正田邸に関して話が出て、私にも話が振られましたが、これにかんして補足説明をしておきます。


まず私が思うに歴史的価値のある建築物は大きく分けて四種類あるかと思っています。

第一は時が価値を高めていく「時間的価値建築」
これは建てられた当時はその地域によくある建物で、しっかりと建てられて時が経つにつれて他は壊されてもその建物だけは残っている、必然的に希少価値が出てきた建築。白川郷の合掌造りの建物や脇町のうだつ建築など。

第二は「象徴的価値建築」
東京駅や日銀本館など、唯一の特価された機能を持った建築で二つとして無く、その機能イコールその建物として、機能がデザインとしてファサードにも出てきているような建築。

第三は「豪華価値建築」
高価な材料や昔の職人の技術の推移を集めた建築
赤坂迎賓館はこの豪華価値建築にも象徴的価値建築にも入りますね。

そして第四の「空間的価値建築」
空間構成とプロポーションが素晴らしく、その敷地をよく読み込み、その使用目的と居心地良さを追求したよく考えられた設計の建築
旧山邑邸や桂離宮、明日館、大徳寺聚光院などがあたります。外から眺めた時の姿が美しく、室内を移動してみるととにかく空間構成が素晴らしく、居心地がよく人間が伸びやかになるような高揚感を与えてくれる建築です。人は建築の影響を受け、性格も変わってくると言っても過言ではないと思っていますし、また成長も促してくれると思っています。第四の空間的価値建築はそのような設計価値の高い宝のような建築だと思っています。


では正田邸はどうかというと、第一の時間的価値のある建築であるのは確かだと思います。しっかりと造られた正統派建築のようですし、ただ残念なことに内部は見れてないので第四に当てはまるかどうかは定かではありません。以前の事務所で美智子様の御自宅を設計していた時に、参考としてご実家を視察とかお願いしておけばよかったのかなとちょっと残念に思っています。

また以前、明治学院大学白金キャンパス内にあるインブリー館の改築も設計させていただき、建てられた明治22年当時に戻す為に資料を調査したり塗装を剥がして建設当時の色を再現したりと有識者の皆さんで楽しく残すことができました。この建築も空間構成は当時の普通の2階建て住宅で価値は第一の時間的価値建築だと思っています。


私としてはできれば空間的価値ある建築を設計して残して行きたいですね。しっかりと敷地特性を読み込み、施主の意向をくみ取り且つ良い空間構成を提案し、プロポーション良く今も今後もずっと親しめる建築を造っていきたい、そう願っています。











2017年1月 3日 (火)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

原田正史建築設計事務所は今日3日より仕事始めしております。
今年もさらに良いお仕事、皆様のためになるよう頑張らせていただき、多くの幸を皆様と分け合いたいと思っております。

どうぞ本年も引き続きよろしくお願いいたします。 20170103_124947_r 写真は元旦に明治神宮でいただいた福扇をアトリエの壁に取り付けたところです。

2016年12月31日 (土)

2016年 本年もたいへんお世話になりました。

ようやく仕事納め!
午前、アトリエでマンションリフォームの相談を受けて今年の仕事終了。リフォームはまだまだ先のようですが、いつでもGOできるように、プランをどんどん提案していく予定です。

今年も皆様にはたいへんお世話になりありがとうございました。

新たな出会い、素晴らしい方々をご紹介いただいたりと感謝感謝の年でした。来年はさらなる頑張り、恩返し、そしてまた挑戦へと良い年にしたいと思っています。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

年明けは3日よりアトリエにてスケッチ&図面そして模型へと楽しいスタート行います!

皆様と共に良い年になりますように!







2016年11月 8日 (火)

悲しい事故

東京デザインウィーク「学校作品展」屋外会場において悲しい事故がありました。
亡くなられた5歳の男の子のご冥福をお祈り申し上げます。
また、お怪我をされた方々の1日も早いご回復を心よりお祈りいたします。
その後現場検証の結果、事故原因がわかりつつありますが、
同じイベント会場内での出展者として決して他人事ではないと重く受け止めてお
りますと同時に、多くの方々にご心配をおかけいたしましたことを心よりお詫び
申し上げます。
また最終日、来場予定でした皆さまにはご迷惑おかけいたしました。
なにとぞご容赦下さいますようよろしくお願い申し上げます。

より以前の記事一覧

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Copyright(C)原田正史ブログAll Rights Reserved