プロフィール

  • 名前:原田正史
  • 性別:男性
  • 生年月:1961年4月
  • 血液型:O型
  • 出生地:徳島県阿波市
  • 仕事
  • 東京都新宿区下落合2-18-4
    写真付き道順


    住宅7割、店舗3割ほどの割合で設計監理している設計事務所です。住宅では新築とリフォーム半々ぐらいの割合で行ってきましたが、マンション内装リフォームも増えてきています。

    どんな形であれ生活する人のことを考え、明るく、自然が感じられるような住まい。いままで以上に良い生活スタイルができるような、そんな暮らす人のことを考えた「思いやりの建築」を造っていきたいと思っております。

原田正史デザイン家具

原田正史のアイデア

  • 住宅におけるアイデア
    それぞれをムービーでご紹介しております。
    ■寝室の介護用トイレをデザイン
    ■玄関に隠しトレーをデザイン
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       固定棚用
    ■本棚のブックスタンドをデザイン
       可動棚用
    ■玄関横のカバン置場と傘掛

建築関連リンク

TV番組他

  • 大改造!!劇的ビフォーアフター
    2006年1月22日放映に出演



    有吉ゼミ 
    逗子のバリ風リゾート別荘
    2014年2月17日放送





2017年3月25日 (土)

アルマーニの職人技テーブル!

照明が抑えられた空間に浮かび上がるようなテーブル。
脚の存在感を消してテーブルトップに広角スポットが当たるように展示されています。

20170310_115848_r

テーブルトップが密かに際立っていますが、よく見るとかなり凝った造りになっています。

20170310_115442_r

MDFの上に漆喰を塗ってそこにクロコダイルのような柄を手作業でつけていきます。そして表面をアクリルで塗って仕上げます。
アクリルと行っても一回塗りではなく、塗っては磨いてまた塗ってを何回か繰り返して、表面平滑さを出すために時間をかけて工程を重ねているのかと思われます。

20170310_115451_r

これを見るとウレタンの厚みもよくわかります。

20170310_115505_r
ちょっと写真写りが良くないですが、カラーは4種類あります。

こちらのテーブルの仕上げは
「スタッコ鏡面仕上げシャイニーホワイトゴールド」です。

テーブルサイズは
W2100XD950XH720

このくらいの大きさです。
20170310_120001_r

どうですか。ご興味ある方はご案内させていただき、テーブルレイアウト&コーディネート、そして設置搬入までトータルでケアさせていただきます。




2017年3月22日 (水)

アルマーニのエレガントなソファー!

あまり知られていないアルマーニの家具ですが、ARMANI CASAとして世界中に36店舗ほどのStoreで展開され、日本でも「ARMANI CASA TOKYO」として銀座のアルマーニタワーの4階で見ることができます。

20170310_114821_r

このアルマーニタワーは竹をモチーフにファサードが造られています。

オートクチュールも竹の綺麗なラインをイメージしたしなやかな繊細さを表現していますが、家具やインテリアのアイテムもそのイメージが感じられるものがあります。
竹がお好きなのですね。

20170310_121727_r
これも実際の竹を薄く削って網代のようで網代ではなく、ランダムに貼り付けています。

20170310_121734_r
20170310_121624_r
そして造られているのはこのランプ。
四角いベースにランプがついているほんとシンプルな形状ですが、表面テクスチャがものすごく凝っていますね。

20170310_122406_r

そして私が見てきたのがこのソファ

20170310_120115_r

ちょっといままでにはないデザインですね。
四角い箱で形成されたベースに、薄いペラ座布団のようなクッション座面が乗っています。

20170310_120123_r
近くで見るとこんな感じ。

20170310_120237_r
確かに薄い。

20170310_120928_r

20170310_120242_r

実はこのクッション、手前と奥とで厚みが違うのです。
奥の方が厚みがあり、座るとちょうどいい弾力で通常のソファーと変わりないのです。
恐れ入りました!という感じです。

しかもベースはあまりへたらないということで、いずれクッション部分がヘタった場合はこの薄いクッションを取替えるということでいいようです。

20170310_120524_r
座ってみると、分類とすると固めのソファーですね。
お尻があまり沈まず腰に負担がかからず、且つ立ち上がる時も億劫にはならずに私は好きですね。

20170310_120538_r
前寄りに座っても座面がしっかりしているので体制が楽ですね。

20170310_120551_r
アーム部分も幅広で楽に座れます。

20170310_120455_r_2

ちなみにこのエレガントなファブリックで構成すると税込み2,535,840円
革で造ることも可能です。いろんなファブリック、革があります。

20170310_125640_r

こちらもコーディネートプランニングしメリットある内容で提供させていただきます。


ARMANI / CASA アルマーニカーザ
中央区銀座5-5-4 アルマーニ / 銀座タワー4F
11:00~20:00
03-6274-7003



2017年2月23日 (木)

優雅なモダンデザイン円卓

中華料理店には中央がまわる円卓が多いですよね。

でもこちらの円卓はウルキオラデザインのモルテーニが扱っているテーブル。

Dsc04216_r
Dsc04215_r

1800Φあり、アーム付きチェアを8脚設置してちょうどいいですね。
この中央の回転盆(レイジースーザン)付きと無いタイプがあります。
またそれぞれ一回り小さい1600Φもあります。

木の種類が3種類、そして塗装が18種類もありインテリアにコーディネートしやすいですね。受注生産で約4~5ヶ月かかりますが・・・。

1,054,000~1,458,000円(税別)ですがコーディネートと共に検討いたします。
テーブル名「Asterias」 Design Patricia Urquiola

ちなみにチェアはトビアスカルパデザインのMissというアームチェア。
こちらも納期が船便で約4~5ヶ月。
木部仕上げと張地により価格は代わりますが上代で192,000~241,000円(税別)こちらもコーディネートプランニングし検討いたします。

Dsc04218_r
コートを着たままの写真ですが、私の大きさと比べてみてください。このくらいにゆったりとした優雅なテーブルです。





2017年2月 8日 (水)

B&B ITALIAのお勧めできる新作家具をチョイス

先日、B&B ITALIAの新作家具説明会に行ってきました。


その中で一番目を引いたのがこの大きなソファー

「RICHARD」 Antonio Citterioのデザイン

Dscn3862_r

右側部分でシートと背を合わせた奥行きが1230もあります。かなりゆったりとしたソファーですね。
Dscn3863_r
Dscn3865_r

さらに少し固めのソファーが多いB&Bですが、RICHARDは少しだけ柔らかくしています。

実はこのシートの中に羽毛が入っているのです。座り心地良かったですね。
Dscn3866_r

Dscn3873_r

シート前面に座っても安定しているし、クッションを置いて中間に座るも良し、またクッションをひとつにしてあがりきってあぐらをかいたりするのもリラックスできていいですね。
Dscn3872_r
Dscn3871_r

あぐらかいてもゆったりとできます。でもこの写真で奥行きの大きさがよくわかります。


この写真組み合わせで税抜き4,760,000円です。


もうひとつお勧めしたいのは3mのテーブル MIRTO INDOOR
Dscn3917_r
Dscn3900_r

これもAntonio Citterioのデザイン

Dscn3901_r
Dscn3904_r

天板はユーカリの木の濃い焦げ茶木目が高級感を出しています。

Dscn3903_r

テーブルの下を覗くと厚みに影響なくスチールフレームががっちりと組まれていて中央に体重をかけてもびくともしません。

しっかりとしたやぼったくないスリムイメージの3mテーブルです。でもそれほど高くなく¥1,550,000+税です。

ご希望者にはご案内プランニングコーディネート見積検討させていただきます!








2016年11月11日 (金)

AD COREの新作

本日、広尾にある家具メーカーAD COREの新作発表会にいってきました。

R20161111_191011

R20161111_184215

MD-705

R20161111_184050

背の厚みと袖の厚みが同じなので、組み合わせがつながります。
R20161111_192018
左が3Pでアーム部分と右の背部分がつながります。

R20161111_190706
R20161111_190359
R20161111_190322

このビンテージブラック シックなイメージで男好みの良い色をしています。

R20161111_190252
R20161111_190245
R20161111_190022

私が座ってちょうどいいサイズです。



2016年11月 3日 (木)

マルセル・ワンダースの家具

マルセル・ワンダースとキャスパー・フィッサスにより設立された「moooi」

おとぎ話に出てきそうな家具や、ちょっとゆかいな家具もあり、個性豊かな特徴あるデザイン家具の数々。

マルセル・ワンダースの世界観につつまれた空間と言っても過言ではないでしょうね。

R20161103_171537

R20161103_170252

R20161103_174052 R20161103_174233

R20161103_175244
実際のスケール感はこのような感じです。

R20161103_171043

R20161103_170119

R20161103_171931

R20161103_172536

moooi

東京都港区南青山6丁目11-1 スリーエフ南青山ビル
TEL:03-3400-1040







2016年10月13日 (木)

ミノッティーのソファーは機能的にも素晴らしい

モダンな家具の中でも代表格に入るミノッティー。

1948年にミラノ郊外の家具の町で生まれ、いまは全世界に展開するブランド・メーカーです。

デザインは建築家兼デザイナーのロドルフォ・ドルドーニ氏。
「豊かな空間をつくりだすエレメントとしてデザインされた家具」
そのコンセプトの元、数々の家具を生み出しています。

20160421_123238_r

20160421_123738_r

このソファーは基本的に背もたれは高くないのですが、実際にクッションを好きな位置で固定ができるようになります。

20160421_123518_r

こんな感じでリラックスできます。

20160421_123335_r
それはこのクッションの後ろにこの背板を差し込むことにより可能となります。
20160421_123415_r
20160421_123425_r
20160421_123437_r
このように座面の下に荷重がかかり倒れません。

20160421_123446_r
右側のクッションはこの背板を入れていないパターンです。

20160421_124018_r
またこれはベットヘッドも同様に使用できるようになっています。

20160421_124023_r
20160421_124107_r
デザインの統一ができていいですね。

20160421_123004_r

ミノッティーは南青山にショールームが二箇所あります。

〒107-0062 東京都港区南青山5-4-19 地階
11:00 ~19:00 水曜日定休
TEL. 03-5778-0232 / FAX. 03-5778-0233

〒107-0062 東京都港区南青山6-10-18
11:00 ~ 19:00 水曜日定休
TEL. 03-5778-0230 / FAX. 03-5778-0231

ご購入希望者がいらっしゃいましたら、ショールームご案内させていただきます。
レイアウト&プランニングそしてメリットあるお見積も検討します。


Minotti
http://www.minotti.jp/index.html






2016年10月11日 (火)

4mのダイニングテーブル

大家族や大人数でのホームパーティには大きなダイニングテーブルがあると華やかになりますね。

このリーバの4mのダイニングテーブルSHERWOOD W4000 D1100 H720はその一つですね。

R20161007_113758

R20161007_113452

R20161007_113550

定価は税抜で2,194,000円ですが、レイアウト&プランニング提案させていただければメリットあるお見積もりを検討させていただきます。




2016年10月10日 (月)

高さ900のダイニングテーブルGOOD!

先日アルフレックスの新作発表会に行ってきました。

そこで見たきた新作家具の中での一押しの家具はこの高さ900のダイニングテーブル。
他にも高さ900のダイニングテーブルも出ていますがどれも使いやすそうでいいですね。

R20161007_112332

ダイニングテーブルは720前後が定番ではありますが、このハイチェアの座面高さが650とちょうど座り易いし、立ちやすいのでしっくりきます。

R20161007_112254

足を置く部分も少しフラットになっているので置きやすいですね。

R20161007_112403

アルフレックスのテーブルCREDOとチェアNTC16です。





2016年6月20日 (月)

わとこオイル塗り作業

皆さんは大事にしている家具のメンテナンスとかされていますでしょうか?

最近は木目のシートを貼ってあるメンテナンスのいらない家具も増えていますが、なにか傷をつけてシートがはがれたり、ペットがかじったりひっかいたりするとシートがはがれて、ちょっと愛着という意味ではなくなりますね。

シートは水の影響を受けずらいので、表面が傷みづらいというメリットがあり、店舗とかいいですよね。

ただ住宅で使う家具はどちらかと言うと、大事に使い続ける愛着ある家具の方が好まれるのではないでしょうか。

私の事務所でもいくつかの家具があり、昨日はメンテナンスでわとこオイルを塗ってあげました。

これがその家具のひとつ
R20160619_134119

ウォールナット突板のGOROJIというワゴン家具です。

R20160619_134136

しっかりと表面にしみこませ、乾いた布で刷り込みます。

R20160619_134942

ついでに裏側も塗っておきました。

R20160619_135200

事務所入り口に置いてある家具です。
またこれで表面が長持ちします。




2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Copyright(C)原田正史ブログAll Rights Reserved